忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
解釈:vivi
お久しぶりの解釈です。
今回はハチさんが米津玄師名義になって初めて作成したアルバムからの一曲です。
個人的な解釈です。ご本人様とは関係ありません。

( )……注釈、説明
「」…引用

「vivi」
https://youtu.be/W-Tun8O-Tjk
presented by 米津玄師

---

上手く伝わらないことが悲しくて、口にするのを諦めた言葉は
だけどその日からずっと胸の中で引っ掛かっていて

上手く伝わらないことに苛立って、探すのをやめた言葉は
きっともう見つからないだろう


大切な事はいつも
言葉にしようとするとあやふやになって
形にしようとすると嘘臭くなって
あなたに伝えるのに丁度いい表現なんて1つも見つけられなくて
あぁ、なんて不甲斐ないんだろう


「愛してるよ、ビビ」だけど
明日になれば
僕はあなたとサヨナラしようと思う
色を失うように、何も感じなくなっていくこの街を
鈍感なこの街を
あなたとともに置いて行くのさ

(灰になりそうな→灰色になりそうな→色を失いそうな→何も感じなくなっていく)
(まどろむ街→色々な事があやふやな中にある街)

(AメロとBメロの歌詞から、『僕』は『あなた』や『街』の人々よりも感受性が高くて神経質であるために、自分の気持ちや頭に描いたものを適切に伝えられない事にいつも苛立っていて、また、伝えられなかった事を引き摺っているのかなと思いました。
なので、「灰になりそうな まどろむ街」というのは、そんな『僕』の目に映る街の状況(=『言葉』やその奥にある気持ちに対して鈍感でいる街の様子)を表しているのではないかと思い、このような意訳としました。)

(動画についての解釈ですが、『僕』の心象風景という解釈でいます。
少し歪な『僕』と、仔犬のように素直で可愛い『ビビ』。『ビビ』の傍にいながら、いつもどこかで孤独を感じている『僕』。『ビビ』が泣いていても何も伝えてあげられず、それが悲しくて、一層孤独に堕ちていく気持ちになる。そして、彼女から離れようと決めた『僕』と、それを受け入れて少しだけ泣く『ビビ』。
という解釈です。)



最後にあなたに手紙を渡そうと思って
今、色々な事を振り返っている

思い出はどれも美しいけれども
だからこそ、胸の中にひっそりとしまっておければいいね


なのにどうして、言葉にしたくなって
手垢で汚してまで
伝えたかった事を見失ってまで
僕は今、手紙に書いているんだろう

(「鉛みたいな嘘に変えてまで」→嘘に変わっていくのは「いろいろと思い出した」事→(1番の『僕』の性格の解釈を前提として)思い出から切り出した想いを上手に表す事が出来ずに言葉を取り繕うけれど、文字を重ねるほどに思い出そのものが自分の中で輝きを失って形を変えていってしまうように感じる状況)
(「行方のない鳥になってまで」→どこに向かえばいいのか分からないまま飛んでいる→伝えたい事を見失ったまま筆だけが進んでいる状況の比喩)


ねぇ

「愛してるよ、ビビ」
『今日の僕ら』が『今日』の中でしか生きられないように、
思い出の中の僕たちもあの日の中にしか居ないんだ
だから、こんな話も手紙も
忘れておくれ
伝えたいことは、そこには一つもないから



自意識が染み出していく
死んでゆく自分の感性に、苛立ちばかりが浮き上がる
伝えられない愛情と
浮き足立った寂しさが…

忙しなく注意を促している
”街から純粋なものが消えていく”
泣いているように己を絞り出す
もう一人の僕が、静かに僕を見る


思い通りにならない心を持て余しながら
それでも、あなたがいたからここまで歩いてこれたんだ


だけど


だから、

「愛してるよ、ビビ」
明日になれば、
僕はあなたとお別れしなくちゃいけない
色を失っていくこの街を
とても優しくて鈍感なこの街をーーーあなたを
いつか傷つけてしまう前に、僕は明日出ていくよ

言葉を吐いて
身体に触れて
今日まで来たのにそれでも僕はあなたに何も伝えてあげられない
「愛してるよ、ビビ」
「愛してるよ、ビビ」
だから、さよなら
あなたに会えて、心から良かった

---

「溶け出した琥珀の色」から「魚が静かに僕を見る」までは、実は解釈が済んでいません。
恐らく、この曲の収録アルバム「diorama」の中の他の曲の中で使われている言葉を持って来ているのだとは思うのですが…。
ので、そこに当たる箇所は前後の解釈から、何となくそうかなと思う言葉を持って来ています。

最後の一文は、本当は『いつかどうしようもなく、お互いを傷つけてしまう前に』とするはずだったのですが、この曲の1番のテーマは『不器用な『僕』だけど、それでも『彼女』を一生懸命に愛していた』という僕の気持ちだと思うので、歌詞の対訳としては外れますが、総体の意訳としてあのようにしました。

拍手[1回]

PR
【2017/09/28 00:53 】 | 解釈 | 有り難いご意見(0)
いつも
パチパチ&コメントありがとうございます。生きてます。犬一です。

clock lock worksが100拍手になったら米津さんかハチさんの曲の、パレードが50拍手になったら平沢師匠の曲の解釈を何か一つ増やそうと思います。

と、言っておくことでヤル気を逃さない作戦。逃さぬ、逃さぬぞ。

何書こうかな。

拍手[0回]

【2017/04/11 00:00 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
金星解釈補足
平沢進師匠の金星の出だし「朝が来る前に」を、「消えた星」に掛けるか、「キミへの歌に変え」に掛けるかで迷っている。それだけで解釈がかなり変わってしまうので詩って本当に凄い。


オーロラとか見ると師匠にとって眠りや夜は真実を、朝や目覚めは欺瞞の比喩のように感じます。
現代社会は欺瞞と、それを欺瞞と知らず受け入れてしまう人とで満ちている。
大多数の人が行き交う「社会」が昼の光の中にあるとするなら、真実の中に生きる人は夜の眠りの最中にこそ在るのだと、そんな感じに聞こえます。

余談ですが、オーロラの1番の「眠り」は、死出の旅路と俗世からの解放の両方を意味するんじゃないかというのが私の解釈です。
2番に出てくる「明日の日」「目覚め」「夜」は上記の通り。3番の「夜」は1番と同じ。ではないかと。ああ、この曲で葬式あげられたい。


閑話休題
「朝が来る前に消えた星」にすると『朝に憧れた星』と転換する事が出来る。転換するには色々手順がいるんだけど説明が面倒なので出来るんだと思ってください。
「朝が来る前にキミへの歌に変え地の果ての民に預けた」にすると、『二人で探したあの星の行方を、俗世に塗れてしまう前に、キミに宛ててマボロシの人に預けた』と転換出来る。出来るったら出来る。

どちらの解釈にしても共通して言えるこの星の立ち位置は、「ボク」が『切望しているもの』。「ボク」は「キミ」を『とても近い存在』(似ている存在という意味で)としているのだけど、その理由の一つに『同じものを探し求めている』というのがあるはずなので、少なくとも「ボク」にとってはこの星は「キミ」が切望しているものでもある。

「ボク」は「星」を「キミ」といることで見つける事が出来たけれど、「キミ」はまだ星を探し続けている。



この状況を背景にして"朝が来る前に〜"と始まるんだけど、「朝が来る前に」をどちらに掛けるかで、"いつか陽を仰いで、消えた星が見えた日は"のところが、『消えた星が陽の中にある』事を重視しているのか、『「ボク」が陽の下でも星を見つけらるようになった』事を重視しているのか変わってしまう。

この曲が最も強く伝えたいところがこの連から繋がる"ボクはキミだからと"だと思うので、はじめの「朝が来る前に」をどっちに掛けるかがとても重要になってくるんですね。私の解釈では。私の解釈上では。(2回言った)

つまりですね
社会の中にあって孤独を感じていた男が金星に希望と自分を重ねて、あの星に寄り添おうと、寄り添ってもらおうと、追いかけていた時、自分と同じ気持ちを抱えた女の人に出会って幾つかの季節を一緒に過ごした。その時から男は孤独を感じる事がなくなった。その後二人は離れてしまったけれど今は金星は遠い空の向こうではなくもう少し身近に感じる。何故なら彼女の存在がある限り、自分はこの世に一人きりではないと知ったから。

というのを下地に、

朝に焦がれながら、でも朝が来る前には消えてしまう星が、いつか消える事なく陽の中にあるのを見つけられた時、人に焦がれながら社会に馴染めずにいるボクたちも、少なくともお互いの存在がある限り決して独りではないのだと、キミに伝えよう。

という歌なのか、

今は静寂の中でしか感じられないあの星を、いつかこの欺瞞に満ちた社会の中にいても感じる事が出来たなら、それはキミがいたからだとキミに伝えよう。

という歌なのか、変わってしまうという事なのです。私的に。
うん、何言ってるかさっぱりですね。次の日記ではこれまでと同じ手法での金星全文解釈を書こうと思います。2通りの意訳で。

あでゅ。

拍手[2回]

【2016/01/10 15:32 】 | 解釈 | 有り難いご意見(0)
解釈:金星
お久しぶりです。
平沢進さんの金星について考えたので載せに来ました。

今回は解釈と言うより殆ど創作に近いです。
一応諸々根拠とかもあって、解釈と言えば解釈なんですが、うーーーん。こじつけとか思い込みとかが多すぎて、うーーーん。
細かいニュアンスを伝えるために大分言葉を足して詞の連も入れ替えております。それでもよろしければお付き合いくださいませ。

いつものようにご本人様とはなんの関係もありません。 よろしくお願いします。



金星
Presented by 平沢進

ーーー

朝を迎える事なく消えてしまうあの星を追うキミは 色んなものから置き去りにされてしまうけれど 知らない誰かが作った「常識」を閉ざして真っ直ぐにキミを見れば 宇宙は確かにキミの味方
僕はもう空に星を追うのはやめたけれど せめてあの星までの地図をキミへの歌に変えて そっと意識の彼方に預けておこう
キミを運ぶ意思よ 西の空はまだ夜の中
あの星が消えてしまう前に 急げ


ボクとキミとの間に共通点を数えては 運命に眩み いくつもの時を共に過ごした
キミをそばに感じるようになってから ボクは空に星を追わなくなった
星はここにあったんだ
キミはまだ気付かずにいる

いつかーーー星は消えるのではなく、陽の光の中にもあるのだと確かに感じる事ができたなら 意識の彼方に預けた想いを キミに伝えよう

「キミは一人じゃない  ボクがいるよ  ボクがいるからーーー」


朝が来る前に消えてしまう星の孤独に 自分を重ねて追うキミに
今はまだ ボクの気持ちは言わずにおこう
キミを運ぶ意思よ 西の空はまだ夜の中
その先で ボクではない誰かがキミに辿り着くのなら それもまた一つの答え
知らない誰かが作った「常識」を捨ててキミを見れば 宇宙は確かにキミの味方

一人じゃない
一人じゃない


ーーー


というわけで、うーーーん、と唸られる方も多いとは思いますが、一応私はこんな感じで捉えましたよ、的な。的な。
そのうちまた時間のある時に、何がどうしてこうなったのか言い訳していきたいと思うのですが、今回は書き逃げドロンでおなしゃしゃしゃす。

どろん。

拍手[2回]

【2015/07/26 07:55 】 | 解釈 | 有り難いご意見(0)
日記を書く
いつもパチパチありがとうございます。 私の解釈で「何故ここはこういう解釈になったのか」などありましたらご質問ください。お答えしたいなと思います。…あるかしら。 たまには日記でもと思いましたが特に書くことがあるでもなく。しかし何か連ねたい。 と思いつつ3度目の書き込み。何故か携帯から上手く書き込めません。これは上手くいくかしら。

拍手[0回]

【2015/06/25 02:38 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 次ページ>>